ひとりのわたし

うつ病ですが わたしはわたし♪

今日ね。

このブログを拝読して下さっている皆様は、お元気でいますか?

 

私自身は、普通に元気でいます。

 

気付けば、もう6月なんですね。

 

何だかんだ言っても、上半期が終わりになるんですよね…早いなぁ〜。

 

振り返ったら、5月はGW期間の連休とは別に、ちょこちょこと休業日が入ってしまったので、正直に言えば、心も身体も現状維持を保つのは、しんどかったですね。

 

昨年も同じ時期に、休業日だらけだったので、そこの経験も活かされている部分もありますが、ずっと前向きな状態でいるのは、大変でしたね。

 

実は今日、母の実家から帰ってきました。

 

10日ぐらい母の実家で、過ごしていました。

 

「休業日が続きそうなら、お祖父ちゃんの家の畑の草刈りを手伝って欲しい」と母からの一言から始まり、急なお願いでもありましたが、職場の上司と相談をさせてもらい、休業日も続いていたので、急遽5月27日〜6月5日までの期間は、会社をお休みして、母の実家の手伝いをしに帰省することになりました。

 

もう両親の父母、私からすれば祖父母ですが、すでにこの世を去っているので、両方の祖父母はいません。

 

ただ…母の実家はまだ存在し、母の兄妹もいますが事情があるので、コロナ前はずっと毎月母と妹2人で、実家の方へ帰省していましたが、コロナ禍では自粛期間あったりして、母の実家には帰れなくなり、その間は無人で空き家状態が続いて、みかん畑や家庭菜園の畑が手入れされていないので、雑草はすっかり伸びてしまい、母と妹2人では作業が終わらなっていき、休業日が続くとはいえ、私もその手伝いをしに母と妹と3人で帰省しました。

 

私自身は、祖父母宅に帰省するのは3年半ぶりぐらいです。

 

雨が長く続かなかったのは、作業をやる側としては有り難かったですが、暑かったですね。

 

だけど、午前中にしていた草むしり作業は、何か楽しかったですね。

 

草がむしりやすくて、簡単に根っこから抜けて、私一人が「おぉ〜」と感動していたら、急にミミズさんが顔を出し、つい驚いていまい「きゃーっ!!!」と叫んだのが、2回ありましたね。

 

その後に、突然カナヘビさんも顔を出しては、外へ飛び出したので、さすがに大声で「ぎゃあーっ!!!」と叫んでしまいました。

 

それでも草をむしり取った後の気持ち良さは、何か楽しかったですね 笑

 

みかん畑では、みかんの木の根本に草を掻き集める作業をしていました。

 

作業は大変なのに、何か楽しかったんですよね 笑

 

元気でいられるから、できることなのかもしれませんね。

 

今回ばかりは、母も手伝いをしに来てくれたことに、感謝していました。

 

母の実家は、ど田舎で車がなければ、とても不便な場所ですが、今までとは違った意味で、貴重な経験、貴重な時間だったのかもしれません。

 

本当に楽しくて、感謝したかったですね。

 

with コロナの環境になっていきそうな状況でもありますが、このブログを拝読して下さる皆様も、元気でいて欲しいです。

 

怖がらず、前を向いて歩いていきましょう。

 

くコ:彡 ヨカヨカ♪